【最安】アミノサウルス練習後からマラソン中まで幅広く使える補給食

代表の嵜本晃次(さきもとこうじ)さんが福岡国際マラソン出走の実力をお持ちのシリアスランナーであり説得力があるBCAA3000mg配合のアミノサウルス
福岡国際マラソンはBグループでも2時間35分以内の記録を持ってないと出られないので相当真剣に取り組んでいないと出られないですよね。
34歳から走り始めて3年で福岡国際出場権をゲットできたのもすごいですが、その間に人気マラソン補給食アミノサウルスを世に送り出していて趣味と実益を兼ねてていいですよね。

アミノサウルスに関する質問の中で非常に関心が高いものは「使い方」です。

アミノ酸は摂取してから30分後に血中濃度のピークがやってきます。

レース中や練習中のペットボトルの水分に溶かして携帯しておくことで、
継続してアミノ酸を摂取できるためより高い効果が得られます。

長距離走の練習やハードに追い込む際は
アミノサウルスを1袋分摂取するのががおすすめです。

またマラソン大会の時には走る前30分前に1袋、
レース中の水分に1袋溶かしたものを携帯、
レース後または寝る前に1袋がおすすめの摂取量です。

アミノサウルスを摂りすぎると太ると言われていますが、
アミノ酸はたんぱく質の分解成分のため糖質制限中の方でも心配なく摂取できます。

そしてたんぱく質なら摂りすぎても太りにくくなるというメリットがあります。

またアミノサウルスは1袋たった4kcal。

マラソンレースのときに3~4本摂取しても12kcal程度のため、
太る心配はほとんどありません。

アミノ酸は食事から摂取できますが、
食事からとる場合は胃で消化して体内に吸収されるまでおおよそ3時間以上必要です。

マラソンレースの前では体重増加の観点から
満足なアミノ酸量を補給するための食事がとても難しく、
手軽に取れるアミノ酸サプリ「アミノサウルス」はとても効率良く摂取出来ます。

さらにアミノサウルスの成分であるアミノ酸はもともと体に含まれる成分なので
ドーピングにおいて陽性判定にはならないため、安心して使用することが出来ます。

マラソン大会、トリアスロン、自転車競技でも愛用者が増加しています。

「アミノサウルス」はパウダーの大きさが漢方薬程度の大きさのため
慣れていない方だと飲み込むのがつらいという側面もあります。

しかしパウダーを飲む前に袋の上から指で抑えることでパウダーの粒子が潰れ、
サラサラとした形になるためかなり飲みやすくなります。

レース前や練習中にサラサラ状にしておくことで、
実際にアミノサウルスを飲む際に喉に引っかからず楽に飲むことが出来ます。

スポーツデポやスーパースポーツゼビオなどの大型のスポーツショップの
サプリコーナーを見ても、アミノサウルスを見つけることが出来ません。

公式ページのアナウンスではアミノサウルスの店頭販売は現在行ってはいないようです。

量販店で販売などを始めると、
現在の価格を維持するのが難しくなるのが原因だと考えられます。

インターネット販売を積極的に利用してアミノサウルスを効率的に摂取しましょう。

カテゴリー