【最安値】ウィンゾーンプロテインホエイをマラソン練習後30分以内に摂取

細マッチョになるためのタンパク質、ビタミン、ミネラルを一度に手軽に摂取できると評判の
「ウィンゾーン プロテイン ホエイ(WINZONE PROTEIN WHEY)」は
最近雑誌やネットでも取り上げられています。

「ウィンゾーンプロテインホエイ」とは
品質はもちろん、内容物や値段、容量どれをとっても非常に高いパフォーマンスを持ち
初心者から上級者まで幅広くお勧めできる万能プロテインです。

ダイエットをしたい女性や細マッチョになりたい男性、
筋肉を大きくしたい人など非常にオススメです。

プロテインには、
チーズや牛乳で構成されるホエイやカゼイン、ソイ(大豆)などが
大きく3種類に分けられます。

その中でもホエイは吸収が早く、
運動をしながら健康的に理想の体を目指していきたいという人にオススメです。

筋トレ、ダイエット初心者の方は
ひとまず「ホエイプロテイン」を選べば問題ありません。

しかし同じホエイプロテインでも、
安いけど効果が怪しいもの、有名タレントを起用して派手に宣伝しているもの、
中身は同じでパッケージだけを入れ替えたものなどネットでは様々な噂が飛び交っています。

今回は各業界のアスリートや筋トレマニアが口をそろえて絶賛している
「ウィンゾーン プロテイン ホエイ」を選ぶ理由やその効果を徹底的に分析していきます。

「ウィンゾーン プロテインホエイ」は
創立100年を誇る医療用新薬メーカー「日本新薬」が開発した
筋トレ初心者から本格アスリートまで幅広く飲めるプロテインです。

日本新薬はプロテインの原料を40年以上販売している超老舗のメーカーで
まさにプロテインのスペシャリスト。

アンチドーピング認証取得で高品質が約束されています。

「ウィンゾーン プロテインホエイ」のメリットは仕入れ先の業者を2社に絞り込み、
半径100km以内の工場からしか仕入れないため鮮度も品質も保たれているのが大きな特徴です。

さらに通常は輸入業者→メーカー→販売店といくつも間を挟みコストが上乗せされますが、
「ウィンゾーン プロテインホエイ」は「直輸入」と「直販売」を徹底しているため流通コストが下がり、
リーズナブルな価格でこの品質を保つことが出来ています。

余分な業者をカットし低価格を実現させているのはさすが老舗の医療用新薬メーカーの力といえます。

また理想的な筋肉をつけるためにはたんぱく質の他に
ビタミンやミネラルをバランスよく摂取する必要があるという研究結果がありますが、
「ウィンゾーン プロテインホエイ」は1食で1日に必要な11種のビタミンとカルシウムの3分の1を
補給することが可能です。

そして通常ドロドロしてて飲みにくく、作るのがめんどくさいプロテインですが
「ウィンゾーン プロテインホエイ」は「微粒子ナチュラル製法」とう手法を採用し、
水に溶けやすくて飲みやすいプロテインです。

1食150mlの水、もしくは牛乳などでOK、サラサラ食感なのでゴクゴク飲むことが出来ます。

「アンチドーピング認証」は禁止成分のチェックだけでなく、
品質や製造過程、安全管理などの面から厳しく審査された商品だけが取得できますが
ウィンゾーンプロテインホエイは「アンチドーピング認証」を取得していて、
オリンピック競技などに参加するトップアスリートでも安心して飲める商品です。

ウィンゾーンを飲む回数は「目的」によっても異なりますが基本な目安は1日3回です。

まず朝、低血圧の人は起きていきなり飲むのは辛いかもしれませんが
寝起きはタンパク質が不足しているので栄養を吸収しやすく
パンやシリアルだけではタンパク質をしっかりと摂取できないため
ウィンゾーンでアシストすることが大切です。

次に効果的なのはトレーニング後30分から1時間以内です。
トレーニング後は筋肉が傷ついているため、
それを回復しようとしてタンパク質を一番欲しがっている状態だからです。

三回目は就寝前です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されて疲れや傷ついた筋肉を修復してくれますので
寝ている間の成長ホルモンの働きを促進させるため、
就寝の1~2時間前にウィンゾーンプロテインを飲んでおくと効果的です。

ダイエットや細マッチョになるのが目的の場合は、
起床後、トレーニング後、就寝前の3回が基本と考えてください。

さらに体を大きくしたい人はプラス1回を3時のおやつ感覚で飲むのもオススメです。

筋トレもダイエットも継続が大切です。

継続するためには「ルーティン化」してしまうのが一番効果的です。

朝起きたらプロテイン、トレーニングをしたらプロテイン、
この日常的な意識改革こそがプロテインの摂取による効果を最大限発揮することでしょう。

カテゴリー