地方レース遠征出張で活躍!無制限WiMAX『縛りなしWiFi3300円』

契約期間縛り無し、通信料無制限「縛りなしWiFi」を地方遠征出張で活用

マラソンシーズンが一段落して、春夏はトライアスロンやトレイルランニング、ウルトラレースで地方遠征する方も多いのではないでしょうか。
私も毎年旅行を兼ねて日本全国各地の小さなレースに出たりしているのですが、そんなときに格安SIMを使っているとどうしてもスマホの速度がもっさりした感じになりレースコースや当日の天気コンディションをチェックしたい時にほとんど使い物にならないという問題が何度か生じることがありました。テザリングを使いノートPCで作業などはもってのほかです。

その反省を踏まえて色んなwifiプランを比較検討した結果、地方大会遠征・出張時にかなり重宝しているモバイルwifiサービスが「縛りなしWiFi3300円」でした。
文字通り2年契約必須で途中解約したら違約金発生という期間縛りや通信料制限もなく、料金も月3300円で固定で13か月目からはさらに月2800円まで安くなる良心的な価格設定になっています。

レースだけでなく、もちろん仕事で地方出張が多い方やWiMAXの3日10ギガ制限に度々引っかかってギガ死していた方にもイチオシのサービスです。
WiMAXとソフトバンク回線の2種類が用意されています。
サービス申込時のモバイルwifi端末の空き状況に応じて端末が送られてきます。

私は下り速度最大612Mbpsで13台同時接続ができるPocket WiFi 603HWが手元に届きました。

ポケットwifi無制限

宮古島,バラモンキング,皆生,佐渡と日本4大ロングトライアスロン大会のエリアもカバーする縛りなしWiFi

3km以上泳いで、100km以上ロードバイク自転車をこいだあとフルマラソンを走るロングディスタンスのトライアスロン大会を例にとると4月の宮古島,6月のバラモンキング(五島長崎国際),7月の皆生,9月の佐渡と地方や離島での大会が多く催されています。
トライアスロン仲間の中にはそれらをフルコンプする強者も多数。。
フルマラソンレース半年5本であっぷあっぷいっている私としては、よく体力がもつなあとただただ感心するばかりです。

縛りなしWifiはそれらのレースエリアもばっちりカバーしており、ストレスなくネット回線に接続できます。
参考までに先日まで里帰り出産立ち合いのために行っていた山間の山形県鶴岡市羽黒町の回線速度は上り26.6Mbps、下り12.1Mbpsということで動画視聴など大容量通信も問題なくできる速度が出ていました。

上り26.6Mbps,下り12.1Mbps

トライアスリートは経営者やドクター、士業にばりばりリア充のビジネスパーソンまでなかなか完全にオフラインの環境に身を置き続けることを許されないエリートさんが多いように思います。
そんな方々はモバイルWifiは1つ持っておくに越したことはないですね。

初期事務手数料も解約時の違約金等も一切発生しないのでレースシーズン真っ只中の半年間だけ利用するという使い方もアリかと。

関連記事一覧

  1. 練馬こぶしハーフマラソン2019、ポジティブ脳に切り替えて完走

  2. Garmin HRM-Triでスイム心拍計トレーニング。ランとの相関関係

  3. 【計501km】ランニング&クロストレーニングダイエット2018年9月

  4. 多摩川30kmモニターランで熱中症発症、激しく寝込む

  5. 【総括】2018年お世話になったランニングシューズと年間走行距離

  6. 夜ランニングのメリットとデメリット、注意すべきこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。