安全第一!キロ4分でもずれないワイヤレスランニングイヤホンおすすめ

ランニング用ワイヤレスイヤホンおすすめ

キロ3分から4分台のペース走でもずれず外れず、外部の騒音も拾いつつ安全性にも考慮されたながら聴きができるランニングに最適なワイヤレスイヤホンまとめです。
日常生活で使うAppleのAirPodsはさすがにキロ3分台でズレてしまい分離型なので無くすリスクも高いかと。
ランナーズやランネットで激推しの川内兄弟JayBirdはすいません、amazonのレビューを見てみるとカスタマーサポートが追いついてなさそうだったので選択肢から省かせていただきました。

日中に比べて視界が悪い早朝深夜に走る方は自転車や車など細心の注意を払われているかと思いますが、イヤホンで周囲の騒音が完全シャットアウトされると怪我リスクが高まる要因にもなります。
高音質で自分の世界に浸るよりも安全性が第一でながら聴きで十分というランナーさんにおすすめのイヤフォンを2つご紹介します。

ambie wireless earcuffsは耳をふさがず会話できるワイヤレスイヤホン

日経トレンディで上半期ヒットアイテムとして掲載。
以下写真のお姉さんのように耳穴をふさがないタイプのイヤーカフス型ワイヤレスイヤホンです。
音声をながら聴きしながら、会話もできるんです。

個人的には前々からこんなのあったらいいのになというのを形にしてくれた画期的なイヤフォンでした。
bluetoothで通信するタイプのものです。
ガーミン645や945などの音楽が聴けるガーミンウォッチとも問題なくペアリングできました。

ロードバイクに乗っているときでも使えるのでロングライドのお供として活躍してくれています。
さすがに時速40km以上の世界でまるっと耳穴をふさいで外部音を遮断するイヤホンは危ないです。
ロングディスタンストライアスロンのバイクパートは5時間以上かかるのが普通なので気をまぎらわせてくれますね。

ただ防水性能が無いので悪天候時の利用ができないのは少し残念です。
ただレース以外であんまり好き好んで土砂降りの中走ることはないのでこれで十分事足りています。

ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)

ambie wireless earcuffs(アンビー ワイヤレスイヤカフ)

関連記事一覧

  1. 2018板橋Cityマラソン(東京荒川市民)メタボのサブ3.15完走記

  2. マラソン練習継続におけるマインドフルネスとメタ認知とは?

  3. 【熱中症20km】こりゃ多摩ラン2018年7月入賞の実録記。副賞の中身

  4. 【2018年5月576km】ランニング&クロストレーニングダイエット実録

  5. 【時短&節約】自宅で早朝スタバからの、スイムバイクラン練習

  6. MINATOシティハーフマラソン2018、東京マラソン気分を少し味わう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。