cerveloサーヴェロP5Xを海外通販で個人輸入(関税支払~自転車保険)

マラソンは次の別大まで少し時間があるので心身ともに一時休息中。
去年はこの時期に無理してインフルに突入して2月までグダグダだったので。
今回は2019年以降に乗るトライアスロン用cerveloロードバイクの話を。

コナアイアンマンでの使用率1位のcerveloサーヴェロは本国カナダと日本だとかなり価格差があります。
今回ご縁があって本場の業者さんからトライアスロンバイクP5Xを個人輸入したのでその実録です。
トライアスロンの最後のランに足が残せるくらい楽に巡航できるらしいので、いい相棒になりそうです。

cerveloに限らず、ドイツのCanyonキャニオンなどロードバイクを自己責任で海外から個人輸入することを検討している方向けの情報です。

cervelo海外通販その1「ebayイーベイ」

ebayイーベイはヤフオクの全世界版といった感じのオークション通販サイトです。
日本だとeBay公認海外オークションサイトセカイモン やQoo10という通販サイトが有名です。Qoo10は価格comで家電の価格比較をしてみると時々上位にショップ名が出てきますよ。

メルカリやヤフオクと同じで即決価格で買うこともできますし、価格交渉も可能です。
送料や関税込でも額面価格ではかなり安く買えます。為替に左右されますがおおよそ2,3割は安いかと。
セカイモンは買物代行なので手数料が15%ほど上乗せされますが、英語が苦手な方には便利なサイトかもしれません。

全世界のスポーツバイクショップさんがebay上にアカウントをもって商売しているので新品から中古までパーツなどのバリエーションも豊富です。

人気のcerveloサーヴェロSシリーズのシートポストも格安で売られていますよ。
S5のカーボンエアロシートポストもおよそ3倍ほどの価格差があります。

cerveloの検索結果を見る

コナ2018使用率トップ10

  1. cervelo
  2. trek
  3. SPECIALIZED
  4. felt
  5. Canyon
  6. Argon18
  7. Scott
  8. BMC
  9. Quintana Roo
  10. Giant

cervelo海外通販その2「BELLATI SPORTベラチスポーツ」

cerveloサーヴェロを格安で買えて顧客サポートもしっかりしていることで有名なスイスのベラチスポーツ。cerveloと独自の流通網を築いているのか他の海外通販サイトと比較しても破格値で安くなっていたりします。
ホイールなどもかなり安く買えます。
日本語版twitterアカウントもあり、日本語英語両方で相談メールを送ることができるのもこころ強いですね。

BELLATI SPORT JAPAN @bellatisportjp

ベラチスポーツ取扱ブランド

  • Argon18
  • Bianchi
  • Bmc
  • Boardman
  • Cervelo
  • Colnago
  • De rosa
  • Dedacciai strada
  • Giant
  • Guerciotti
  • Liv
  • Look cycle
  • Orbea
  • Pinarello
  • Ridley
  • Time
  • Willer

自転車盗難保険はSBI日本少短スポーツサイクル専用車両・盗難保険すぽくるに加入

ショップで買った場合には購入代金の〇%という形で購入額の9割補償といった盗難防止保険に加入できますが、加入期限が1~2年とエンドレスに保険加入することができないものがほとんどです。
今回海外から個人輸入で買っているので、最初から民間の盗難防止保険をかけるしか選択肢はなかったのですが一番手厚いのがSBI日本少短スポーツサイクル専用車両・盗難保険すぽくるでした。

月々の掛金は若干値が張る価格ですが、盗難や自転車破損は十分に考えられるので後悔しないためにすぐに加入しました。
ガーミンエッジやパワーメーターなどの周辺パーツ・アクセサリも含めて全額補償範囲内になっているのも太っ腹ですね。
アクセサリだけでも数十万しますものね。

ただ加入時にアクセサリを含めた購入総額をきちんと申告した上で保険料を年払いすることが前提条件ですが。

怪我対策はau損害保険の保険商品「自転車向け保険Bycle」が手ごろな価格だったので念のため入っておきました。

この2社の保険ですが「W安心保険プランすぽくるプラス」というコラボレーション商品としてPRされていますが特にセット割はないようです。

私の場合「自転車向け保険Bycle」の個人賠償責任補償上限2億円の示談代行サービスがすでに加入している火災保険にてカバーされていてダブっていたのでブロンズコースを選びました。
自転車ロードサービス(50km・年間4回まで無料搬送)があるのはすごいですね。
そんなに遠出する予定はありませんが。。

必要な補償を必要なだけ掛けるのが賢いかなと思います。

P5Xの初期メンテナンスについても別記事でまとめています。ぜひご覧ください。

関連記事一覧

  1. 【本命マラソンレース直前】アミノ酸ローディング用サプリ飲み比べ

  2. 【2018年5月576km】ランニング&クロストレーニングダイエット実録

  3. ホットヨガ体幹強化でマラソン故障防止,ストライド広げて楽に走りたい

  4. 【検証】マラソン体幹をEMSバタフライアブスと腹筋アブローラーで強化

  5. 【無料お試し】dマガジンでランニングスタイル,バイシクルクラブ読み放題

  6. 【計536km】ランニング水泳ロードバイクダイエット2018年11月

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ

カテゴリ