2019年のマラソン・トライアスロンダイエット目標達成プラン

メタボでもサブスリーブログ5年目。
もうメタボではなくなってきたんですが。。
ですが体幹は弱々でいつまたリバウンドしてもおかしくない隠れメタボであることに変わりはありません。

2019年はうまく時間をやりくりして如何に筋肉量を落とさずに脂肪を落とすかにフォーカスしていきたいと思います。
そうすると20代サブエガの頃の体型に戻れて自己ベスト更新につながるのではないかなと。

2019年の目標

  • ラン目標距離:3,000km(月平均250km)
  • バイク目標距離:3,000km(月平均250km)
  • スイム目標距離:120km(月平均10km)
  • 目標体重:62kg
  • 目標体脂肪率:10%
  • 5km:17分台
  • 10km:36分台
  • ハーフ:78分台
  • フル:2時間47分

目標走行距離は2018年同様に月平均250kmを目指します。
今年は距離至上主義は卒業して、もう少し運動強度を上げることに注力して短時間で済む練習を増やそうと思います。

元日は荒川へサイクリングに行ってきました。
ポカポカ日和でのんびり漕いできました。
上半身筋力がなさすぎでウェイトトレーニングは日常生活に支障をきたすほどダメージが残りあまり向いていないため、ロードバイクを漕いでいく中でまんべんなく腸腰筋や腹斜筋など体幹周りを鍛えて結果としてランの走力向上に繋げられればと。

cervelo P5XシリーズのsimplyfasterというキャッチフレーズがピンときてサーヴェロTTバイクを選んだといっても過言ではないので、それに倣いシンプルに「もっと速く」を目指します。

ロードバイクで体幹鍛える

関連記事一覧

  1. 2018年のマラソンダイエット目標達成プラン

  2. cerveloサーヴェロP5Xを海外通販で個人輸入(関税支払~自転車保険)

  3. 第9回足立フレンドリーハーフマラソン2018、年の瀬に戒め撃沈

  4. 腹筋アブローラーでマラソンサブスリーのため体幹トレーニング

  5. メタボがいきなりインターバル漬け生活で故障リスク発生。身体作り意識を変える

  6. 新潟シティマラソン2018。腹痛と暑さでキレイに撃沈。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。