別大3週間前に2019西東京30K in国営昭和記念公園ロング走

ランネットのアールビーズが主催している2019西東京30K(ニシトウキョウ サーティーケイ)に去年に引き続いて参加してきました。
去年は3月2週目だったのですが、参加者が少なかったからか今年は1月に変更になったようです。
コースも5kmの適度にアップダウンがあるコースを6周回の計30kmに変わっていました。
2019年のコースのほうがハムを適度に刺激できて本番に即した練習になりますね。




6日前の多摩川マラソングランプリに続いてペースキープが難しく相変わらずグダグダで2時間きれずサッパリな結果でしたが、この雪がちらつく極寒の中参加したことに意義があると勝手にポジティブにとらえることにしました。

最寄り駅JR西立川駅から徒歩15分

アミノバイタルの試供品が豪華。2019年は無料手荷物預かりも完備

30kシリーズは味の素が協賛についているのでアミノバイタルの試供品をたくさんもらえます。
赤いパッケージのパーフェクトエネルギーゼリータイプ(エネルギー補給)と青い顆粒状のアミノバイタルプロ(筋疲労対策)はレース30分前に同時摂取するようにアナウンスされていました。

赤いゼリー状のパーフェクトエネルギーはエネルギー枯渇対策用。

青いスティック顆粒状のアミノバイタルプロは筋肉疲労対策とのこと。

3周目通過時にもパーフェクトエネルギーゼリータイプのエイド有り

赤いパッケージタイプのパーフェクトエネルギーゼリータイプは3周通過時点でもう1個エイドステーションでもらうことができました。
ただ個人的にはロング走中に補給するには130gは量が多すぎてお腹が冷えてしまったので本番は3分の1くらいの容量で小型のパーフェクトエネルギー グレープフルーツ味のほうが適量かなと感じました。

完走後はアミノバイタルゴールドで締め

完走後はアミノバイタルドリンクとアミノバイタルゴールドをいただきました。
完走後30分以内の摂取がおすすめとのことです。

体調が思わしくない割に最低限の完走ができたのはアミノバイタルでアミノローディングしたからかもしませんね。

更衣室手荷物預かりと参加賞ロンTは嬉しい。ペースメーカーも多数。

去年は園内のコインロッカーに各自荷物を預けなければいけませんでしたが、今年は無料の手荷物預かり所と更衣室テントができていました。
男子更衣室がキャパオーバーだったようなので2020年大会に出られる方は公園の無料更衣施設を使っても良いかもしれませんね。

無料手荷物預かり

参加賞は長袖ロングTシャツでさすがアールビーズさんわかってらっしゃるなあと思いました。生地もしっかりしていて冬場の練習に重宝しますね。

2019西東京30K参加賞ロングTシャツ

去年同時期にでたハイテクハーフの薄いぺらっぺら素材Tシャツとは雲泥の差です。

あくまで個人的見解ですが、、1月の首都圏で行われる大会はここぞとばかりの強気な参加費用を設定している割にコスパに見合っていないものが多い気がするのですが30Kシリーズは裏切らないなと感じました。

サブ3、サブ3.5、サブ4、サブ5とペースメーカーも複数人いらっしゃるので目標タイムに合わせたペースメーカーについていくだけでいい練習になりますね。
欲を言えばサブ50のペースメーカーも配置してくれると嬉しいんですが。。
次回は体調をしっかり整えて参加したいものです。

西東京30k参加者は公園無料入場できます

西東京30k参加者は無料入園できるものの、同伴の家族は別途公園入園料がかかるのでご注意を。

途中リタイア決意も無理して完走したツケ。。別大出走できるよう体調を整える

西東京30kのラップは以下の通り。11時スタート時点の気温4℃。
つくばの30km通過よりも2分遅い_| ̄|○

2019西東京30kラップ


1周目終わり頃からいつもの肋骨付近の上脇腹が痛くなり、耐えられない激痛で7km過ぎにリタイアを決意したものの、片道約1時間半もかけてきて1時間も走らず帰宅かよという毎度の貧乏性が顔を出してペースを4分半ばまで落として残り4周様子を見てみることに。後で振り返るとそこでやめときゃよかったんですが。。

他のみなさんの次のチャレンジレース名が背中ゼッケンに印字してあった(申込時に次の大会記入欄があったようですが、私は記入忘れだったようです)ので、まだ出たことがない姫路城や愛媛、静岡や熊本城マラソンなどに思いを馳せて気を紛らわせながらアップダウンコースをくねくね走っていました。皆さん日本全国のいろんな大会に出てらっしゃるんですね。
私も47都道府県フルマラソン制覇してみたいですね。
あとワールドマラソンメジャーズも。

残り10kmも脇腹叩きながら坦々と4分10秒前後を刻んでゴール。
往復3時間かけて昭和記念公園まできたのでどんなタイムでもゴールだけはどうしてもしたかったです。

寒さで人もまばらな昭和記念公園

事前の予定ではおかわりで5km追加して勝手に35km走る予定でしたが、もちろんキャンセルして雪が舞う中そそくさと着込んで帰宅。
家について風呂入ってバッタリ寝込んで翌朝脇腹の激痛とともに目が覚める始末。
消化器官のどこかがやられてますね。

別大まで残り3週間、いまさら走力は向上しないのであがくことはせずひたすら休みます。
せっかく1年練習してきたので、出たいです。

とりあえず別大終わったら長期休暇確定ですね。。

関連記事一覧

  1. 子どもの絵本代獲得のため、月例マラソンこりゃ多摩ラン8月に参加

  2. 【2018年6月602km】ランニング&クロストレーニングダイエット実録

  3. 【マラソン用プロテイン】日本新薬ウィンゾーンとザバス、飲みやすさ比較

  4. ホットヨガ体幹強化でマラソン故障防止,ストライド広げて楽に走りたい

  5. 多摩川マラソングランプリ2019,寒さと往復逆風ビンタをくらう

  6. 【計604km】ランニング&クロストレーニングダイエット2018年7月

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。