【本命マラソンレース直前】アミノ酸ローディング用サプリ飲み比べ

マラソン補給食サプリ

マラソンやトライアスロンなどの本命レースの前にゲン担ぎを兼ねてカーボローディングをする方は多くいらっしゃるかと思いますが、アミノローディングはどうでしょうか?
私はカーボローディングにプラスして1週間ほど前からBCAAアミノ酸配合のサプリメントを意識して多めに摂取するようにしているのですが、おすすめの美味しくて飲みやすいものを厳選してご紹介します。

関東では大田原やつくば,富士山,湘南国際,さいたま国際とかなりの数のフルマラソン大会が開かれますよね。
少しでも秋冬の本命レース直前のアミノローディングにお役立ていただければ幸いです。

パイナップル味のアミノサウルス

社長の嵜本さんご自身が福岡国際マラソン出場資格(フル2時間35分以内)を持つ実力派ランナーであり、ランナーによるランナーのために作られたアミノ酸サプリメントです。
さっぱりしたパイナップル味で口の中でべとつく感じもなくレース前後だけでなく、レース中の補給にも十分使えます。

レース中盤にも使えるアミノサウルス

1包でOCAA(アルギニン,オルニチン,シトルリン)1,000mg、BCAA(ロイシン,イソロイシン,バリン)3,000mgを摂取することができます。

マラソン向けアミノ酸なら、BCAA3000mg配合のアミノサウルス

甘酸っぱいウィンゾーン エナジーxエナジー

クエン酸配合で甘酸っぱい味がするウィンゾーンの顆粒状タイプのアミノ酸サプリです。
パイナップル味やカフェイン入りオレンジ味のエナジージェルと併用して飲んでいます。
ちょっと酸味が強めで口に残る感じがするので、もし顆粒状タイプのウィンゾーンを本命レースで使うのであればエイドで水を補給するタイミングで一緒に口に含むほうがいいかもしれません。

ウィンゾーンエナジーエナジー

脂肪をエネルギーに変えるという着想が、皮下脂肪かなり多めの私にはピッタリハマっています。
10月に水戸でサブスリーとったときもレース中盤に摂取して失速を最小限にとどめることができました。

クリアアップル味のヴァームVAAM

VAAMヴァームウォーターパウダータイプ

ご存知明治のヴァームウォーターの水に溶かして飲むパウダータイプのアミノ酸サプリです。
99T(九十九里トライアスロン)入賞商品としてもらったものが意外と重宝しています。
コンディション悪いなりに遅いペースでも走りきった甲斐がありました。
ほどよい甘さのアップル味なので日頃飲んでいるウィルキンソン炭酸水とうまくマッチして美味しくいただいています。
1包で1,500mgのアミノ酸(リジン153mg,スレオニン104mg,ロイシン98mg,バリン84mg,フェニルアラニン77mg,イソロイシン72mg,トリプトファン54mg,ヒスチジン48mg,メチオニン10mg,その他アミノ酸800mg)が摂取できます。

明治 ヴァームウォーターパウダー クリアアップル風味 5.5gx30袋

新品価格
¥1,820から
(2018/11/21 23:24時点)

グレープフルーツ味のアミノバイタルゴールド

グレープフルーツ味で口当たりの良いアミノバイタルゴールドはレース直前直後にも欠かさず飲んでいます。
アミノ酸サプリのど定番ですよね。マラソン完走後すぐに飲むと翌日以降に疲れを引きずらない気がします。

アミノバイタル GOLD 30本入箱

新品価格
¥4,199から
(2018/11/21 22:48時点)

顆粒状タイプのアミノバイタルゴールド

味の素Ajipureアミノ酸パウダーで日頃は節約

アミノバイタルゴールドは1包あたりのお値段が140円と少々値段が張るため、日頃の練習時には純粋混じりけのないCalifornia Gold NutritionのBCAAを飲むようにしています。
ロードバイク乗りの間では有名かもですが、中身は味の素の海外向けBCAA「AjiPure®アミノ酸」が原料として使用されています。

味の素BCAAを逆輸入

無味無臭のパウダーではっきり言って美味しくないですが、十二分にBCAAを摂取できます。
こちらは1回分に換算すると44円です。実にアミノバイタルゴールドの3分の1以下,アミノバイタルプロの2分の1価格で高純度BCAAを毎日補給できます。
1回分(およそ5グラム) あたり L-ロイシン 2,500mg L-イソロイシン 1,250mg L-バリン 1,250mgを摂取可能です。
同じ味の素のBCAAで味は美味しくなくてもいい、コスパ重視だ!という方にはこちらも選択肢としてありかもしれません。

ピュアBCAA 味の素 AjiPure・アミノ酸で特別製造 ノンフレーバー 454g

新品価格
¥3,980から
(2018/11/21 22:47時点)

Yoshinori Ikeda

体重88kg体脂肪率27%のメタボがランニング,水泳,ローラー台で20kg以上減量してサブスリーランナーになりました。→主なレース結果

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。