【軽くておすすめなサイコン】ガーミンエッジGARMINEDGE130インプレ

サブスリー取ったら次はロードバイクを0から再スタートしようと前々から検討しておりバイクやシューズ,ペダルなどの機材を買い集めている今日この頃。

新しく納車予定のTTバイクに使うサイクルコンピューターガーミンエッジEDGE130のレビューです。
33gと軽いです。ヒルクライムを主戦場としている方はピッタリかと。

ガーミン周辺自転車パーツはアリババ通販のAliexpressが楽天アマゾンより安い

マウントやゴム状保護ケースなどの周辺パーツはアリババグループ通販のAliexpressが安く買えますよ。
ガーミンエッジ用に限らずサイコンのマウントはブランド料込?で5000円以上と高いものが多いのですよね。aliexpressだったら類似品がその半値以下だったりします。
海外からの配送なので到着まで2週間程度はかかるので中華自転車パーツに抵抗がなく、急ぎでない方のみ使ってみるのもいいかもしれません。
JAVA BikesやTCRのホイールなどお手頃価格だったりします。

Aliexpress格安自転車パーツを見てみる

軽いサイコンがいい方、初心者にGARMIN EDGE130はおすすめ

私のような腰痛もちでローラー台ばかりで実走から離れている万年初心者でケイデンスとスピードといった最低限の情報だけ取得してガーミンコネクトのスマホアプリと同期できればいい方にはおすすめのサイコンかもしれません。
パワー表示もできるので、のちのちパワーメーターを買ったときにも活躍してくれそうです。

そもそもの私のロードバイク苦手意識が植え付けられたのはキャットアイの初心者用サイコンできちんとデータを蓄積してこず、何となく距離だけ踏んでいて全く速くなる気がせず腰が痛くなってやる気もなくなったのが原因だったわけで。
トライアスロン大会でもなされるがまま抜かれっぱなしだった記憶があります。
ランニングのようにもう少し戦略的にプランを練って再スタートしようと思ったのでEDGE130を買ってみました。

ちなみにEDGE520や820は私にはとても使いこなせない上級者向け機能満載だったので選択肢には無く。。
130の方が520よりキャッチする衛星の数が多く、GPSの感度がいいというのも決め手でした。

USB充電式です。私のMacbookProはUSB Type-Cなので変換プラグを使って充電しています。

ペダル型のガーミンベクター3パワーメーターは、電池蓋の交換をすることで問題なく使えるようになったというインプレも多く見るようになりましたがまだビギナーな個人的には時期尚早なので見送ることに。

ガーミンエッジ130のカバーと保護フィルムも用意

EDGE130を長持ちさせるためにも保護ゴムカバーと画面の保護フィルムはできればつけておきたいところです。
ガーミン純正の保護カバーは3,000円以上とお高めだったのでAmazonで互換品を購入。

保護ガラスフィルムは2枚入りのものを。スマホのフィルムと違って気泡やホコリが入ろうが特に気にならないかと思いますので。
付属のアルコールシートで拭いてつければムラなく貼れました。

ガーミンエッジ130のゴムカバーと保護フィルム

ガーミンエッジ用軽量ライトFABRIC LUMARAYとレックマウントアダプター

ガーミンエッジのマウントにフィットした形の軽量ライトFABRIC LUMARAYは場所を取らずデイライトとしても使えるのでこれから定番パーツになるかもしれません。
これまではREC-MOUNTSレックマウントライトアダプターを使って上にサイコン、下にライトを装着というのが普通でしたが、それよりもかなり身軽になりそうですね。

国内通販ではまだ取り扱いが少なくあっても在庫切れで、イギリスのPBK(ProBikeKitジャパン)で送料込みでも数百円安く買えますよ。

バイシクルクラブ2019年1月号でも注目商品として特集されてましたね。
サイクルヨシダで在庫があるようです。

fabriclumaray一体型ライト

【初期設定問題解決】ガーミンエッジ純正スピードセンサーのペアリングでタイヤ周長を手動で調節

今回私が買ったのはガーミンエッジ130だけでなく後輪ハブにつけるスピードセンサー、クランクの末端につけるケイデンスセンサーもついてくるセットでした。
最近のはマグネットは不要になったのですね。

各センサーとのペアリングは自動的にしてくれたので問題なく動作するかなと思ったのですが、スピードセンサーで自動設定されたタイヤ周長がcervelo p5xに標準装備されていたContinentalタイヤの実測値(700×25C)と比べて短かったので実際の速度より遅く画面表示されていました。
ガーミンサポートに問い合わせしたところ、動作エラーではなくタイヤ周長を手動で書き換えてほしいとの回答があったのでその通りに7cmほど長めの数値を入力したところ正常なスピードが表示されるようになりました。
同じようにペアリングは正常にできているんだけどスピード表示が遅く出てしまうので困ったという方は一度タイヤ周長を確かめてみてください。

■ガーミンエッジの操作手順:メニュー→センサー→スピードセンサー→オプション→タイヤ周長

参考:タイヤ周長ガイド

自動で検出されたタイヤ周長は2039mmでしたが、私のContinentalタイヤの場合はタイヤ周長ガイドを参考にさせてもらい2105mmで設定しました。

ガーミンエッジEDGE130でタイヤ周長を手動調節

関連記事一覧

  1. 【マラソン用プロテイン】日本新薬ウィンゾーンとザバス、飲みやすさ比較

  2. 2019年のマラソン・トライアスロンダイエット目標達成プラン

  3. 【2018年5月576km】ランニング&クロストレーニングダイエット実録

  4. ホットヨガ体幹強化でマラソン故障防止,ストライド広げて楽に走りたい

  5. fizikフィジークトライアスロン用バイクシューズはbikeinnバイクイン通販が安い

  6. 【計604km】ランニング&クロストレーニングダイエット2018年7月

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。