ガーミンForeAthlete945レビュー。935,735と比較

garmin foreathlete945レビュー

長丁場ロングディスタンスのトライアスロンやトレイル,ウルトラマラソンに出る方向けのガーミンウォッチForeAthlete 945のレビューです。
935に「音楽再生」「暑熱適応」「高度適応」の3つの機能が追加された全部盛りのモデルになります。

とはいえ、735や935もまだまだ現役で使えるモデルなので必要な機能や稼働時間などどれがご自身の耐久型スポーツライフに一番あっているか本記事を参考にしていただければ幸いです。

forethlete945 garminwatch

forethlete945 garminwatch

視認性の高さはこれまで愛用していた735と比べると一目瞭然でした。
早朝や深夜にトレーニングに励んている方には強い味方になります。

視認性が高いガーミン945

視認性が高いガーミン945

945はウルトラトラックモードで約50時間稼働。アイアンマンからスパルタスロンまでカバー

ForeAthlete945はウルトラマラソンやUTMFなどのトレイルレース,宮古島やアイアンマンなどのロングトライアスロンに参戦する市民アスリートのニーズをカバーしています。
ウルトラトラックモードというGPS精度を若干落としたモードだと充電無しでおよそ50時間稼働するというタフさがびっくりです。
制限時間36時間のスパルタスロンは余裕でカバーしていますね。
ウルトラトレイルの最高峰トルデジアンや7日間の長丁場サハラマラソンも数回のモバイルバッテリーによる充電で間に合ってしまうのがすごいです。

重さ37gと735と比較しても6gしか重くなっていないので長時間の着用でも手首に負担にならないですね。

garmin945 重さ37g

garmin945 重さ37g

別売のGarmin HRM-TriやHRM-Runを使えばより正確な心拍と閾値測定ができます。

Garmin ForeAthlete945,935,735スペック比較

3つのモデルを比較表にしてまとめてみました。735だけは稼働時間が10時間程度なのでトライアスロンだとIRONMAN70.3(制限時間8時間)などのミドルディスタンスまで対応し、ロングディスタンスには対応していない点が決定的に違います。

945935735XTJ
稼働時間GPSモード+光学式心拍計:約32時間GPSモード+光学式心拍計:約21時間GPSモード+光学式心拍計:約10時間
トライアスロンロングまでロングまでミドルまで
受信性能GPS/GLONASS/みちびき/GALILEOGPS/GLONASS/みちびきGPS/GLONASS/みちびき

 

945では受信性能にGALILEOが追加されたからか、右手首と左手首にそれぞれ945と735をつけて3kmほど走ってみたところ5秒のラップ差が出ていました。
フルマラソンなどに換算すると1分は確実に違ってくると思います。
コンマ1秒単位で2019年時点での最高水準のGPSで正確なラップを測って実力を把握したい方には945は最適じゃないかなと思います。

関連記事一覧

  1. 【計604km】ランニング&クロストレーニングダイエット2018年7月

  2. 【時短&節約】自宅で早朝スタバからの、スイムバイクラン練習

  3. 【まとめ】cerveloサーヴェロP5Xバイクの初期メンテナンス

  4. 2019彩の国トライアスロンイン加須大会Aタイプにぶっつけ出場

  5. メタボがいきなりインターバル漬け生活で故障リスク発生。身体作り意識を変える

  6. 【本命マラソンレース直前】アミノ酸ローディング用サプリ飲み比べ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。