夏場の走り込みに使える!NIKEペガサス36シューズレビュー

ペガサス36レビュー

NIKE新作万人向けシューズ!ペガサス36レビュー

10月末の水戸黄門マラソンに向けてそろそろ走り込みを開始しなければいけないかなと思っていた今日この頃。
現在ランニング育休ほぼ3か月。。
連続サブ3どころか完走も怪しい雲行きに。

そんな時、NIKEペガサス36がちょうどいいタイミングでリリースされていたので早速履いてみました。
ズームフライやペガサスターボのようにくせが強くなくクッション性が高い万能シューズでした。

カーボンプレートシューズと違い走り方に嘘ごまかしがきかない地面をしっかり捉える感覚が特徴的で、練習だけでなくレースでも十分使える安定感があります。
楽天市場のお買い物マラソンなどイベント時期に買えばポイントが10倍以上と還元率も高いので実質価格1万円をきって買うことができます。

ペガサス36レビュー

ペガサス36レビュー

根強いファンが多いペガサス35の後継シューズ、ペガサス36の立ち位置は?

ヴェイパーフライやズームフライでレース出走するNIKE派のシリアスランナーさんが日々の練習でこよなく愛用しているシューズの1つがペガサス35だというのをよく耳にします。
私は母指球重心意識のNEWTONシューズやペガサスターボ,ストリーク6,asicsスカイセンサーや超厚底メタライドとメーカー問わず各社のお気に入りシューズをコンディションに合わせて使い分けているのでこれまで気にはなっていたもののご縁がありませんでしたが、ペガサス36を履いてみたらかなりしっくりきました。

初心者から上級者まで無理なく使える「クッション性強化版のストリーク」というのが第一印象。
しっかり地面を掴んでくれるのでシューズに頼りすぎないランニングフォームの基礎固めができます。

asicsでいうならターサーやスカイセンサーに行く前のライトレーサー的な立ち位置でしょうか。
中高生の陸上部員から市民ランナーまで幅広い方にピッタリです。

ヴェイパーフライやズームフライより安価で、サブ4からサブ3まで幅広く目標タイム実現のアシストをしてくれる耐久性に富んだシューズかなと。

エアズームペガサス36インプレ

エアズームペガサス36インプレ

ペガサスターボほどツンツンはしていませんが、キュッと引き締まった流線型のかかとになっていてホールド感があります。

ペガサス36の流線型かかと

ペガサス36の流線型かかと

ペガサス36とズームフライを比較。サブ3シューズを用途別に使い分け。

NIKEペガサス36で実際にキロ4分ペース走してみて無理なく走れたので十分にサブ3用シューズとして使えるなと確信できました。
ペガサス36と販売価格帯が似ているズームフライフライニットとどちらを買うか迷っている方もいらっしゃるかもしれませんので比較してみました。

ペガサス36とズームフライ

ペガサス36とズームフライ

ペガサス36のアウトソールはペガサス35同様にエアズームペガサスシリーズの特徴である大きめの5角形スタッド(ポチポチ)を敷き詰めたタイプですね。
グリップ力は高いです。
アシックスターサーシリーズのように走行距離100kmちょいで消えてなくなるようなものではなく耐久性はありそうです。
外側もすり減りにくい加工になっているのでガニ股ランナーとしてはありがたいです。

フラットソールのズームフライフライニットが路面が濡れているときに滑って怖かった、不整地レースやウルトラマラソンが主戦場という方にはペガサス36のほうがフィットするかもしれません。

またペガサス36のアッパーメッシュ素材がズームフライの欠点でもある水に濡れると重くなってしまうのを改善したものになっており、水を弾きやすくなっていていいなと感じました。
長丁場で不整地も走るウルトラマラソンやスイムで濡れた足を通すトライアスロンのランパートにも最適ですね。

ペガサス36とズームフライアウトソール比較

ペガサス36とズームフライアウトソール比較

ヴェイパーフライやズームフライのカーボンソールがどうしても合わない,足が痛くなるというランナーさんも一定数いらっしゃるので、そういう方もペガサスシリーズを選んだほうが幸せかと。
ただペガサス36はカーボンプレートシューズと違い、嘘ごまかしが効かない地脚力が試されているなというのはひしひしと感じます。

ペガサス36とペガサスターボ、ソールの違いと耐用距離。

ヴェイパーフライと同じ衝撃吸収性に富んだ航空宇宙素材をズームXソールに使用しているペガサスターボも一時期よりもお手頃な価格感で買えるようになってきました。
リリースされたばかりのペガサス36定価とそこまで値段が変わりません。

同じペガサスシリーズということで何が違うのかよくわからん、どっちが自分にあっているのか決め手にかけるという方も多いのではないかと。

ペガサス36ソール特徴

ペガサス36ソール特徴

どちらも履いてみた個人的な所感は以下の通り。

  • スピードが出しやすく練習からレースまで一足で通したいならペガサス36
  • 故障リスク対策しつつ日々の練習で追い込みたいならペガサスターボ

ソールの反発力が強くスピードに乗りやすいのはペガサス36。
ペガサス35のよさにさらにメッシュ素材をプラスして通気性を高めていたり軽量化が図られているモデルです。
キロ4が楽に感じます。
耐用距離は1000kmほど。

地脚ができている方はペガサス36のみでペース走やインターバルなど練習から本番までいけると思います。サブ3やサブ50も無理なく達成できるかと。
ここ3ヶ月ほどんど走れていない私は正直自信はありませんが。。

ズームXの柔らかく沈み込むソールで地面からの衝撃吸収しつつ一定ペースで淡々と刻みたいならペガサスターボ。
ペガサスターボで国際レースに出ている方もいらっしゃるので人それぞれかと思いますが、サブ3以上の方は練習はペガサスターボで本番はヴェイパーフライやズームフライという方が多い印象を受けます。
耐用距離は800kmほど。

私はモチベーションアップと気分転換のために両方履き分けています。
参考にしていただければ幸いです。

関連記事一覧

  1. ペガサスターボ2レビュー

    【サブ3.5おすすめシューズ】軽量化されたNIKEペガサスターボ2

  2. 【万人向け】アシックス厚底METARIDEメタライドシューズレビュー

  3. 【総括】2018年お世話になったランニングシューズと年間走行距離

  4. 【サブ3.5用シューズ】メタボがNIKEズームフライを履いた結果は?本音レビュー

  5. ズームフライ3レビュー

    重厚感が増したNIKEズームフライ3レビュー。怪我リスクを軽減

  6. 【比較】ヴェイパーフライ4%とズームフライ、フライニット厚底違いは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。