陸上部御用達NIKEストリーク7シューズレビュー。6との違い比較

ストリーク7レビュー

陸上部の学生さんがトラック連で履いている率が高いNIKEズームストリークシリーズの新作ストリーク7レビューです。
前作ストリーク6はヴェイパーフライが世に出る前の海外エリートランナーのNIKEド定番長距離シューズだったイメージですが、ストリーク7では何が進化したのか違いについて比較検証してみました。

結論、足幅が広くないランナーさんであれば型落ちストリーク6が安くて十分事足りるのではないかと。
数千円で買えます。

サブ4やサブ3.5,サブ3.15と1足で着実にステップアップを目指す社会人の市民ランナーさんは同価格帯のペガサス36の方がクッション性が高く怪我防止のためにも良い気がします。
最終的には好みの問題なのであくまで個人の見解ですが。
実際お店で履き比べてみるとよいかと。

ストリーク6と7の違いを比較

ストリーク6と7の違いを比較

関連記事一覧

  1. サブ3練習用シューズNIKEナイキズームストリーク6はどう?本音レビュー

  2. NIKEズームフライフライニットはどう?何が変わったか違いをレビュー

  3. 【総括】2018年お世話になったランニングシューズと年間走行距離

  4. ペガサスターボとズームフライ、NIKEサブ3練習厚底シューズ比較

  5. 【サブ3.5用シューズ】メタボがNIKEズームフライを履いた結果は?本音レビュー

  6. フォーム矯正シューズNEWTONニュートンディスタンス7はどう?本音レビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。