XEBIOゼビオ通販でNIKE厚底ランニングシューズ,ギアを調達

NIKEナイキ厚底ランニングシューズのズームフライ3やペガサスターボ2、ヴェイパーフライネクスト%に関する過去記事が年明けからものすごいアクセスが来ていたので改めてまとめておこうと思います。
箱根駅伝効果はすごいですね。
母校はなんとか2年ぶりにシード返り咲きした模様ですが、唯一興味があった高校大学が同じで都大路でも活躍したイチオシスーパールーキー君は不発だったので来年に期待することにします。

本題の箱根駅伝で新記録連発した影のMVPと言われているナイキNIKEの厚底ランニングシューズはスーパースポーツゼビオ通販NIKEシューズゼビオで買えます。
価格だけ見るともう少し安いところもあるかもしれませんが、正規流通品で安心できることや返品交換対応などのアフターフォローが大手だけあってしっかりしているのとポイントバックもあるので公式通販で買うよりトータル的にみてコスパが良いです。

毎年、箱根駅伝の時期に合わせてEKIDEN(駅伝)PACKなる新色のシリーズが販売されていますが、何かパックとして靴下やウェアがオマケでついてくるのかなと思いきや、シューズのみということです。。
ヴェイパーフライネクストはオーロラ/ブラック/サミットホワイト/ハイパークリムゾンという文字列だけではイメージしずらい言葉が並んでいましたが左右色違いでした。

NIKEズームシリーズ EKIDEN(駅伝)PACKはこちら

【ナイキ厚底シューズ動画】大迫傑選手とNIKE EKIDEN PACK

スーパースポーツゼビオ通販サイトでは大迫傑選手などトップランナーの動画が公開されていました。
男子の東海大、女子の名城大と2019年の大学日本一の現役選手たちが出演している「厚さより速いものはない」プロモーション動画は秀逸ですね。
NIKEといえば東洋大というイメージだったのですが、最近では契約メーカーをNIKEに変更する大学陸上部が後を絶たないようです。
adidasと契約している青学も2020年はとうとうシューズは解禁しましたし、ニューイヤー駅伝ではasicsと契約しているMHPSの井上大仁選手もピンクヴェイパーを履いて4区17人抜きの快走をしていました。

日テレの箱根駅伝中継ではスポンサーの関係上、決してシューズのことを話題にはしませんでしたがこれだけわかりやすく結果が出てしまうと宣伝効果抜群でこれからもっと売れ行きが伸びそうな予感がします。

箱根駅伝で8割の学生さんが着用したシューズ「ヴェイパーフライネクスト%」

個人的にはまだ使いこなせておらず、水戸でも膝への衝撃をカバーできずDNFしてしまった苦い記憶の残るヴェイパーフライネクスト%ですがこのシューズが箱根で出走している学生さんが主に履いているシューズです。
統計結果では85%もの学生さんが履いていたそう。

NIKE厚底ピンクランニングシューズ

NIKE厚底ピンクランニングシューズ


初期リリース時の黄緑色は少なく、MGCでも話題になった秋リリースのピンクと左右非対称の駅伝パック色の2ラインナップがほとんどでした。

見た目はすごく分厚くて重そうですが、実測では200g以下とasicsのターサーなどとあまり変わらないのが驚きです。

店舗販売がメインで、通販ではステップスポーツ楽天市場店で定期的に取り扱いがありますが年始の都道府県駅伝や大阪国際女子,別大といったテレビ中継される陸上イベントで人気にさらに火がついて春先まで手に入れるのが難しいかもしれません。ステップスポーツのメルマガ購読をしていると情報をいち早くキャッチできます。

体脂肪率が10%前後(女性は15%前後)で平均ストライドが1.5m以上のストライド走法を得意とするランナーさんだったら効果を発揮できるかなというのが個人的印象です。
箱根予選会に出る大学の陸上部学生さんの平均ストライドは1.6m以上だったりします。

平均ストライド1.26mでピッチ走法サブ3の私にとっては無用の長物だったかなと反省。。
万人に効果があるわけではないです。

足が疲れにくいという触れ込みですが、去年10月の水戸で故障で十分に走り込みができず体脂肪率20%近かった私にはかえってダメージが来て1時間ちょっとで膝の激痛がピークを迎えました。それだけカーボンプレートの反動がすごいんだなと実感。

どうしても目標達成のために欲しいのであれば実店舗で試し履きをすることを強くおすすめします。
ただサブ3目標だったらのちに紹介するズームフライ3やペガサスターボ2でも十分な気がします。

実際、ヴェイパーフライネクストを履いてみたレビューです。


1モデル前のヴェイパーフライフライニット4%のレビューはこちら。
個人的にはフライニットの方がホールド感があって好みです。サイズが限られてきますがまだ多少は流通しています。

ヴェイパーフライネクストと同じZoomXソールを使った「ペガサスターボ2」

NIKEペガサスターボ2

NIKEペガサスターボ2


サブ3.5を目指す方におすすめというレビューを以前書いていますが、十分サブ3達成もサポートしてくれるシューズです。
ZoomXフォームの接地感が柔らかく心地よいと感じるからか、巷ではご褒美のデザートシューズなる異名もあったりします。

実際、昨年の別府大分毎日マラソンではペガサスターボを履くランナーさんも結構いらっしゃいました。
ヴェイパーフライと同じソールで衝撃吸収効果が高く、初マラソンでNIKE厚底シューズデビューしたい!という方やズームフライやヴェイパーフライなどのカーボンプレート内臓シューズがどうしても肌に合わなかった方にもおすすめです。

ペガサスターボ2がちょっと予算オーバーという方にはポイント還元率を入れると実質1万円以内で買えるペガサス36という姉妹モデルもあるので選択肢の1つとしてありかなと。

サブ3までだったら十分に力を発揮してくれる「ズームフライ3 PRM」

NIKEズームフライ3

NIKEズームフライ3


前作の個人的ヒットだったズームフライフライニットから数十グラム重量が増加してしまって若干もっさり感を感じるズームフライ3ですが、リアクトフォームが安定感があり最近のリハビリジョグで大活躍してくれています。
ターコイズカラーの駅伝パックはズームフライ3PRM(プレミアム)と呼称が変わっている模様。

あと過去2モデルより明らかに足が攣りづらくなっていて履く人を選ばないシューズへと改善されています。初期モデルでしょっちゅう足が攣るから履くのをやめたという声をよく聞いていたのですがもう一度トライしてみる価値はあるかと。

ぱっと見た限りヴェイパーフライと似ていて見間違いしてしまいがちでトライアスリート仲間からは話題の厚底?と聞かれますがソールの素材が違うのとズームフライ3のほうが70gほど重いので中身は全く違うシューズだと断言できます。

もしズームフライ3がフライニット同様の重量だったら十分すぎるスペックなので、シリアスランナー向けにはおよそ3万円のヴェイパーフライを売るためにマーケティング戦略上あえて重くしてしまったのかなと穿った見方をしてみたり。

1万円台でカーボンプレートシューズが買えるというのもコスパ的にはよいのですが。
おそらくですが、もっと幅広い層にカーボンプレートシューズをはいてもらいたいという思惑が働いて全体的に重厚感を持たせたのでしょう。

2020年時点でNIKEではサブ3カテゴリのシューズはストリーク7だと位置づけされていますが、接地感が硬い感じの旧来の長距離用シューズとも言えるストリークが合わない方はズームフライ3も1つの選択肢かと。
重さが気にならず、足の筋力にも自信があればレースでも強力な味方になるのではないでしょうか。

ペガサスターボ2かズームフライ3か迷っている方向けに比較記事もまとめています。
結論、個人の好みでためし履きしてあっている方を選ぶのが幸せかと。

動画でも3つのシューズの違いについてまとめてみました。

関連記事一覧

  1. 【サブ3.5用シューズ】メタボがNIKEズームフライを履いた結果は?本音レビュー

  2. 【比較】ヴェイパーフライ4%とズームフライ、フライニット厚底違いは?

  3. サブ3練習用シューズNIKEナイキズームストリーク6はどう?本音レビュー

  4. ズームフライ3レビュー

    重厚感が増したNIKEズームフライ3レビュー。怪我リスクを軽減

  5. ストリーク7レビュー

    陸上部御用達NIKEストリーク7シューズレビュー。6との違い比較

  6. ペガサス36レビュー

    夏場の走り込みに使える!NIKEペガサス36シューズレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。