【99Tリザルト2018】九十九里トライアスロンミドルリレー3位入賞

トライアスロン

九十九里トライアスロン(99T)ミドルディスタンスリレー(混合の部)ギリ3位入賞できました。
スイム1.9km、バイク90km、ラン21.1kmを1人1種目でリレーするのですが私はランの担当でした。
曇天23度、風も殆どなく9月にしては絶好のラン日和。
途中小雨も降る言い訳のしようがない好コンディションでぬけぬけ病?で途中から足に全く力が入らず驚くほど凡走になってしまいました。
2018~19シーズン中のサブ3赤信号です。。

99Tゴール前だけダッシュ

99Tリザルト2018まとめ。ミドルディスタンス新設

ワイナイナさんや瀬戸大也さんが参加した2018年の99T。
ミドルディスタンスも新たにはじまるなど国内有数の大きな大会の1つです。

スイムとバイクにでた仲間に聞いたところ、

バイクはこれまでのオリンピックディスタンス同様、フラットな高速コースを2周回するようです。
戻りが追い風で40km後半でた方も多いようです。
スイムはフローティングスタートになって、スタート時のバトルが無くて済んだようです。

99tスイムフローティングスタート

個人的にはスイムのバトルで肩脱臼、足裏ザックリ、雨でバイクスリップし腰を強打してボロボロ、数ヶ月運動できなくなった4年前の第1回大会以来の参加です。
ちゃんと準備して臨まなかった自分が悪いんですが。。
あまりにも過去の無残な記憶が強烈すぎてもう来ることはないと思っていましたが、数奇な運命で何故かリレーで参加することになってしまいました(ノД`)

きっちり練習して参加されるにはロケーションも抜群でいいトライアスロン大会ですよ。
99Tの大会結果リザルトです。

99Tリザルト(2014,2015,2016,2017,2018)

九十九里宿泊先は一宮町TENTグランピング施設を利用

99Tの宿泊先はスタート会場からも徒歩圏内のグランピング施設TENTを利用させてもらいました。
2018年8月にオープンしたばかりのピッカピカの宿泊施設です。
自動給湯のお風呂もついているので波乗りしたあとのサーファーさんもゆっくり足を伸ばしてお風呂につかれます。
初日の出を見るためにすでに年末年始の予約は埋まっているそう。
オーナーさんも親切な方でグランピングを体験したい方にはおすすめの宿です。
もうすでに来年のシルバーウイークの宿泊予約も受け付けているそうです。
自転車の無料貸出も活用させてもらいました。

TENT一宮

tent一宮コテージ

11時チェックアウトだったので、風邪気味の私はランの出番が来る直前まで休ませてもらいました。
通常2人部屋ですが、1台エキストラベッドを入れて3人で宿泊代シェアもできます。

TENTの室内

オプションの地元食材を使ったバーベキューです。野菜も甘くて美味しかったです。
飲み放題で一緒に大会に参加する仲間は心行くまでガッツリ飲んでいました。

地元食材を使ったバーベキュー

TENTテント一宮町

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮10217
JR上総一ノ宮駅から車で6分 無料駐車場あり
JR上総一之宮駅より送迎あり
TEL: 0475447733

ハーフ10km手前から4分台後半連発で失速。入賞はうれしい。副賞VAAM

さて99Tの大会振り返りを。

個人のリザルトは以下に。
高低差10mのほぼフラットコースを平均4分18秒。

日頃練習では3分45秒~4分10秒で20kmペース走しているので、正直何がどうなってこんな結果になったのかゴール後すぐには頭の整理がつかず。。
3分40秒台で刻んでいたのが9km過ぎから足がぱたっと止まり、お腹と呼吸も苦しくなってずるずると4分台後半に落ちていきました。

99tランのラップ


それでも、今できる走りをということで1人1人丁寧に抜いていきました。
リレーの走者以外はスイム1.9km泳いでバイク90km漕いだ後にハーフマラソン走っているタフな方々なので尊敬の念を込めてファイトと声掛け応援しつつ。

ほぼフラットな99Tランコース

ラスト3kmからは動かない太ももを叩きながら、真夏のクソ暑い中毎月400km以上走ったんだろ!3kmくらいまともに走れよ!といい聞かせながら気力で腕を引き。
残り1.5kmからは海風が吹く九十九里海岸沿いを必死に腕ふりながらグダグダペースでフィニッシュ地点へ。

最後は仲間と手をつないでスイムとバイクを合わせたトータルタイムではギリギリ5時間切りの4時間59分58秒でゴール。
一応3位まで上がれたので最低限の役割は果たせたかなと。

99tの表彰状

99tの表彰状

99T副賞はスポンサーのVAAM詰め合わせだった模様。
1位だとゴーゴーカレーがもらえるようです。

99Tの副賞VAAM詰め合わせ

99Tの副賞VAAM詰め合わせ

子どもを病院に連れて行かねばならず表彰式には出られずとんぼ帰りだったのは残念でしたが、きっちりスイムとバイクでつないでくれたチームの仲間にただただ感謝ですね。

個人としてはレース後全然筋肉痛になっておらず、出し切れなかった悔しさは募るばかりですが
なんでこんなに失速したのか考えだすときりがありませんが。

一言でいうと、ピーキングテーパリングがド下手くそなのかなと。
7,8月計800km超の走り込み蓄積疲労で内臓を傷めて抵抗力が落ちた状態で、追い打ちをかけるように子どもが次々と保育園から持ち込んでくる色んな菌で慢性的に弱ったままどん底状態で走ってました。

体重70kg台半ばのときと同じタイムしか出せないというのは忸怩たる思いですが、
これも経験ということで3週間後の新潟シティマラソンはもう少しマシな走りをしたいと思います。

あとアクティブレストとかいって無駄に走らず、ちゃんと休足日を作ろうと思います。

↓応援クリックが励みになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ

Yoshinori Ikeda

体重88kg体脂肪率27%のメタボがランニング,水泳,ローラー台で20kg以上減量してサブスリーランナーになりました。→主なレース結果

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。