全日本マラソンランキング2019結果発表。自分の順位を確認する方法

全日本マラソンランキング2019結果をネット確認

こんにちは、池田(@metabo_sub3)です。

雑誌ランナーズの7月号付録でついてくる全日本マラソンランキング(2018年4月〜2019年3月開催大会の結果集計)冊子。
第15回全日本マラソンランキング2019では男性20〜93歳、女性20〜87歳までの年齢別上位100名の名前が記載されています。




私の年齢だと100位でも2時間40分台前半のタイムがないと名前掲載されないので2018年度シーズンベスト2時間55分(つくば)ではかすりもしないのですが、毎年亀の歩みで徐々に順位は上げられて10分くらいまで差は縮めているので成長度合いもわかり多少は励みになります。

マウンティング好きなランニングブロガーさんの中には毎年このランキングを心待ちしている方も多いのではないでしょうか。

勝ち負けといった感情抜きにして同世代のトップランナーがどれくらいのタイムで走っているか客観的に把握できる指標として役に立ちますよ。
1歳刻みランキングトップ100に入られた実力者の方はランナーズ7月号を買うとご自身の名前が掲載されている冊子がついてくるので記念にいいかもしれません。

第15回の全日本マラソンランキング2019結果発表をネット確認する手順

2019年5月22日よりランネットの全日本マラソンランキング2019ページにて2018年度でベストタイムを出した大会出場時の年齢,性別,氏名を入力して閲覧することができます。
どれか1つでも欠けていたら閲覧することができません。
私も確認してみたところ、6726人中208番という結果だったようです。




2018年4月のかすみがうらや長野を皮切りに、2019年3月佐倉健康,さが桜マラソンまでが対象大会になります。
参考: 全日本マラソンランキング2019

全日本マラソンランキング対象80大会

アボット・ワールドマラソンメジャーズなどの海外マラソン(AIMS 加盟大会及びIAAFゴールドラベル大会)に関しては以下記載の流れで自己申告する必要があるようです。
手順が面倒くさいので、相当自己顕示欲が強い方でないとしないのではないでしょうか。
年齢別トップ100ランナーの出場大会を見る限り、ほとんど海外マラソンのタイムを申告する方はいないようですね。

日本でのIAAFゴールドラベル大会は東京マラソンやびわ湖毎日、名古屋ウィメンズ,岐阜清流ハーフ,福岡国際などが該当します。

海外大会については、対象大会(AIMS 加盟大会及びIAAFゴールドラベル大会)の記録証のコピーと、
(1)氏名 (2)大会当日の年齢 (3)住所 (4)電話番号 (5)性別 (6)所属チームがある場合は所属チーム を明記の上、生年月日を証明できるもの(免許証や保険証のコピー)を添えて、2019年3月31日(日)までにランナーズ編集部にメールにてお送りください。

海外の対象大会は以下のアドレスでご確認ください。
http://www.aimsworldrunning.org/
http://www.iaaf.org/competitions/iaaf-label-road-races/

男性サブスリー率3.1%、女性サブスリー率0.4%という結果

男性のマラソン平均タイムが4時間37分、女性5時間6分とのこと。
サブスリー率は例年と大差ないように感じました。
男性のサブ45率は0.8%。
惰性で練習しているだけでは絶対届かない位置にありますね。


男女マラソンタイム別分布

関連記事一覧

  1. 2018年のマラソンダイエット目標達成プラン

  2. 第68回別府大分毎日マラソン2019、腹痛で連続サブ3途切れる

  3. 多摩川30kmモニターランで熱中症発症、激しく寝込む

  4. 【実録記】タイバンコクで朝ランニングするならルンピニー公園がおすすめ

  5. つくばフルマラソン3週間前の皇居30km走。初フルサブ4のペースメイク

  6. 【保存版】熊本ランニングトレーニングスポット4選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。